合格可能性の診断結果をもとに
志望大学と自分のキョリを知り
これから必要な努力量を把握する




現在の勉強量から
\ 合格可能性がわかる /




勉強量は成績UPへの最大の要素


東大や京大など、上位の難関大学に合格するためには、4000時間以上の勉強量が必要と言われています。

当然、大学にはそれぞれ『必要な勉強量』があります。

しかし、どれくらい勉強すればよいのかわからない。そんな悩みを抱える受験生も少なくありません。

現在の勉強量をもとに志望大学への合格可能性を知ることで、本番までの勉強をより明確にしましょう。


正しい方向に、正しい努力を



この診断ツールでは志望大学への合格可能性を8段階に分けて診断します。

8段階のうちどこに該当するのか、どれくらいのライバルがいるのかを把握することで方針見直しの参考にしてください。